NAKAGAMI CLINIC
TEL 075-711-0055

★内視鏡検査

当クリニックは胃がん・大腸がん検診の二次精密検査医療機関に認定されていますので、当院で二次精密検査(内視鏡検査)を受けることができます
手術適応の病気がみつかれば、速やかに病院との連絡をとり、安心して受診していただけるようにしています。

   ●胃カメラ(胃内視鏡検査)

初期の段階では無症状のことが多い食道がん・胃がん・大腸がん
ポリープを定期的に内視鏡検査で見つけることができます。
早期の状態であれば内視鏡治療が可能なことも多く、
手術せずにがん治療
が可能となっています。

最近では「ヘリコバクターピロリ菌」という、胃に住み着く菌胃・十二指腸潰瘍の
原因のひとつ
と考えられていて、日本人はその傾向が強いといわれています。
また、胸焼けの原因である逆流性食道炎も注目されています。

中上クリニックでは「苦しくない」内視鏡検査を受けていただけるようにしています。

鼻から細径ファイバーを挿入する経鼻内視鏡
経鼻内視鏡でも食道・胃・十二指腸の検査ができます。
鼻からの検査を恐がられる方も少なくなく、従来の経口内視鏡を希望される方もあり、苦痛軽減のために麻酔薬を使用して眠っていただいて検査を行い、喜ばれています。

※イラストをクリックすると、富士フィルムメディカル轄成の解説ページにリンクします

  ●大腸内視鏡検査

内視鏡で大腸のポリープ切除(ポリペクトミー)をやっています。
ポリープは必ず出血するというわけでもなく、痛みを伴うことも少ないです。
大腸内視鏡検査時に、出血の原因と思われるポリープや放置すると癌化するタイプ
、一部が癌になってるポリープなどが見つかれば、大きさ・状態にもよりますが、検査時に切除することができます。 痛みを伴うことはありません。
既にポリープのあることがわかっている人なども、是非御相談下さい。
早期対応が進行ガンにならないための良い手段です。

若い人には血便や粉液便・下痢・腹痛などを症状とした炎症性腸疾患(クローン病・潰瘍性大腸炎)が増えてきており、内視鏡検査で確認できます。

大腸内視鏡検査でも、苦痛のため敬遠される方が
おられます。

そういう方にも麻酔下で検査を行い、なるべく心配・負担のないように努めています。



京都市左京区上高野下荒蒔町
 6-1 ガルソニエラ宝ヶ池1階
  TEL:075-711-0052
  駐車場 6台分あり
トップページ 院長紹介 院内紹介 診療案内
内視鏡検査 禁煙外来
中上クリニックでは
安心して内視鏡検査
(経口及び経鼻内視鏡) を
受けられます


胃がん検診
大腸がん検診
二次精密検査医療機関

GoogleMapで周辺地図を
見ることができます
アクセスはこちらから!